実は凄い!ペアーズの相性について

こんにちは。

Facebook婚活サイト「pairs(ペアーズ)」で相性を気にしたことはありますか?

私は、相手を選ぶときに相性を重視したことはありません。基準があいまいな相性を使うよりも、自分のフィーリングで「いいね!」を押した方が良い結果が出ると思うからです。

しかし、もし、相性の高さに応じてマッチング率が向上するなら、相性は「いいね!」を押すひとつの指標として期待以上の活躍を見せるはずです。

そこで今回は、ペアーズのプロフィール画面で表示される相性とマッチング数の関係について見ていきます。

相性とは

Unsplash / Pixabay

相性とは、女の子を検索したときに相手のプロフィール左下に表示される数値のことです。

ペアーズ公式の発表では、独自の方法で算出しているとしか記述がなく、何に基づいて相性の数値が算出されているのか、また、算出された相性で本当に女性との相性がいいのかよくわかりません。

pairs独自のアルゴリズムにより算出したお相手との相性度です。
相性が高いほどマッチング率が高いことが確認されています。
※相性はマッチングを保証するものではありません。おすすめの目安として参考になさってください。 - 相性について | pairs help

相性の数値の範囲に関しても言及は特にありませんが、今までの経験から考えると50~95%の範囲にとどまるようですね。

相性の仕組みについて検証

ronymichaud / Pixabay

「独自のアルゴリズム」の中身は未公開なので想像の域を出ませんが、おそらく会員の情報が詰まっているプロフィールの内容やログイン時間により相性が決まる仕組みになっているのではないかと考えました。そこでいくつか検証を行いました。

プロフィール項目を合わせてみる

まずは、女の子とプロフィール項目を合わせてみることにしました。価値観が似ているほど共感しやすく、マッチング率の向上が期待できるからです。

プロフィール項目の「詳細プロフ」を、普段は「気が合えば会いたい」にしていますが、この項目を「きちんとメッセージ交換を重ねてから会いたい」に合わせてみました。

合わせた当初は、数値は変わりませんでしたが、何時間か経過した後に見てみると相性が52%から61%に上昇したことを確認できました。

さらに相手の入っているコミュニティに3つ参加すると、今度は72%への上昇を確認できました。20%の上昇を確認したので他の項目もいくつか合わせてみましたが、変化はなかったです。上昇幅には限界があるのかもしれません。

ログインの頻度の確認

恋活、婚活に一生懸命な人同士ほど相性は高いのではないかという乙女チックな思いの下、ログイン時間別にそれぞれ50人ずつ、相性の平均をとってみました。

ログイン時間 相性の平均
オンライン 67%
24時間以内 66%
3日以内 72%

うーん、サンプルが少ないのか、あまりあてにならないのかもしれませんね。しかし、あまりログインしない人の方が相性は高めな印象を受けます。

相性が高い人の共通点を探る!

いわゆる相性80%以上の人の共通点を見てみましたがこれまたばらばら。同じコミュニティに数多く入っているわけでもなければ、プロフィール入力もあまりされていない、活動頻度は高くなさそう…という印象です。

もしかすると活動していない人との相性を高めに設定してマッチングを誘うアルゴリズムになっているのかもしれませんね。

結果、相性は役に立つのか

そもそもあまり気にしていない人ばかりのように思えますが、相性が高くて話も弾み、実際会ってみるとほんとに相性抜群だったなんて経験をすると、相性に良いイメージが持てるでしょう。

参考までに、私がマッチングしている100人と、いいね!をしたのにも関わらずマッチングできなかった100人を相性の数値ごとに並べ、それぞれのマッチング率を出したのが以下の表です。

相性 マッチングした人(合計100人) マッチングしなかった人(合計100人) マッチング率
50%台 23人 32人 41.8%
60%台 39人 55人 41.5%
70%台 28人 11人 71.8%
80%台 7人 1人 87.5%
90%台 3人 1人 75.0%

上の結果を元に、相性の数値とマッチング率の関係をグラフにしてみました。

相性とマッチング率の関係

左の数値がマッチング率、下の項目が相性になっています。相性の数値が50~60%台の場合のマッチング率が41%台なのに対し、70~90%台ではマッチング率が70%台と高い水準を示す傾向にあります。

もちろん、サンプル数が少なく正確性は相当欠けますが、相性を元にいいね!を押しても問題なさそうです。

マッチングに至るまでには出身が同じ、コミュニティが多く被っている、など相手の良さを計る様々な要素があると思いますが、総合的な指標として相性を参考にするのもありだと思います。

相性が変動する理由

ペアーズではマッチングした相手との相性が変動することがあります。すでに見てきたようにプロフィールやその他の理由により相性は上下する訳ですから、マッチング後にプロフィールの変更があったなどの変化が考えられます。

意外と相性は侮れない

Gellinger / Pixabay

以上、相性について検証しましたが、実は侮れない代物であることがわかりました。タイプの女の子を見つけたときの判断材料として、使ってみるのも悪くないかもしれません。

また、女の子と会ってみて実際に相性が高かったら「やっぱり相性高かったしね~」とも言えますし、相性が低くても「ペアーズで相性低かったのに、会ってみたらめっちゃ相性いいじゃんね!?」などと口説き文句のひとつとしても使えると思います。

もちろん、相性が悪かったらマッチングしてもしょうがないなどと思わないでくださいね。あくまで相性なので…。話のネタ、一喜一憂のコンテンツだとでも気軽に捉えていただいて大丈夫だと思います。